写真は、最も印象的な出来事を記憶し、記録することができます。しかし、ほとんどのカジノは写真撮影の規制が厳しいことで有名です。そのため、カジノでの写真撮影は禁止されていることが多いです。しかし、記念になるような写真を撮ることができないわけではありません。

撮影の仕方を知っていれば、トラブルに巻き込まれることなく、カジノで自分や友人の写真を撮ることができます。どうすればよいかわからない?そんな方のために、以下で5つのコツをご紹介します。

小さなカメラを使う

重要なことは、目立たないように小さなカメラを使うことです。ニコンのデジタル一眼レフのような大きなカメラは、カジノの警備員の目に留まりやすいので控えましょう。

今でもほとんどのカジノでは写真撮影が禁止されていますが、ほとんどのプレイヤーがスマートフォンを主なカメラとして使用しているため、近年ではルールが自由になってきています。ちょっとした注意を払えば、カジノ内で自撮りをすることも可能です。

動画の撮影は禁止

写真を撮るときは、スマートフォンやカメラをポケットに入れておけば、誰にも気づかれずに済みます。しかし、動画を撮影するには、カメラを特定の角度で長時間保持する必要があります。これでは余計な注目を浴びる可能性が高くなります。警備員に見つからないようにと、運に頼ってパシャパシャと写真を撮るのではなく、きちんと撮影の準備しておく必要があります。

見つかるかもしれないというストレスを避けたいのであれば、実際のカジノではなく、オンラインのカジノを検討すべきでしょう。その場合は、好きなだけ写真を撮ることができます。

フラッシュはオフにする

フラッシュを光らせてしまうと、カジノ内で写真を撮っていることが警備員に知られてしまいます。ですから、スマホでもカメラでも、写真を撮るときはフラッシュ機能をオフにしておきましょう。カジノ内では手ブレでボケた写真を撮らないように、カメラを固定して撮影する練習を自宅でしておきましょう。

移動しながら撮影する

カジノの中は、あなたのインスタグラムアカウントに載せる写真を撮るために、1つの場所でゆっくり撮影するというわけにはいきません。素早く数枚の写真を撮って移動しましょう。そのためには、どこに立って撮影すれば良い写真が撮れるのか、最初から考えておく必要があります。

そうすれば、カジノの警備員に気づかれて質問を受けることもありません。これはスタジオの写真撮影ではありませんので、写真を撮るのに時間をかければかけるほど、警備員やカジノの従業員に気づかれる可能性が高くなることを忘れないでください。1、2枚の写真を撮るにしても、動き続けていれば問題はありません。

礼儀正しく

写真を撮っているところを発見された場合は、謝罪して歩き続けましょう。カジノの警備員がイライラして、収拾がつかない状態になるので、問題を起こさないようにしましょう。撮影した写真は、個人的に使用するものであることを丁寧に説明しましょう。

撮影した写真を警備員に見せろと要求された時には、断ってください。警備員には写真を調査する法的権限はないことを念頭に置いてください。